FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

【暮らしの1コマ】いつが最期でも、後悔のないように。

2020/06/02

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます(*^_^*)


こないだ、「掃除中」の看板しか見ないで
トイレに入ったら、
 男子トイレ でした💦

それも用を済ませて
手を洗おうと出てきたときに
男性用便器が目に入ったにも関わらず、
『子ども用にしては大きいなぁ〜』
ぐらいにしか感じることなく(苦笑)

掃除のオバちゃんが戻ってきて
教えてくれてようやく
間違いに気づけたワタシ…💧

男性がいなかったので
事なきを得ましたが。








さてと。
そんな間違いにも気づけなかったのは、
ちょっとバタバタしているからなのです。

先週、伯父が救急搬送され
現在もICUで懸命な治療を受けています。

伯父には伴侶も子どももなく
頼れるのは妹であるワタシの母とワタシだけ。

いつ呼び出しがかかるかもわからず
呼び出されたら病院へ向かう必要があります。
手術となれば
途中で何かあったときのために
何時間も待つ必要もあるのです。

それを母が担ってくれていますが、
元々母もあまり元気ではなく
心身共に疲れている状態。

かといってワタシも
全てを担える体力もなく、
できる範囲でサポートしている状態です。



今は危険な1つ目のヤマは
越えたのですが、
危ないかも、と言われていたときに
思い出したのは
伯父との最後の会話でした。

『さっきの電話は何や?』
『え?かけてないけど??』
『ほなええわ』

誰かの着信履歴を
ワタシだと勘違いしたようで、
そんな会話をして切りました。

コロナ禍で面会もできず、
回復のために眠らせてある状態のまま
命が尽きたときは、
この会話が最期となるのです。


そう思ったとき
無性に悲しくなりました。
あの会話が最期になるなんて
寂しすぎる、って。

他にも病気を抱えている伯父なので
どこまで回復できるかはわからないけど、
できるだけ悔やむことがないように
可能なことはしてあげたいと思っています。


そして今後、このような突然のことが
いつあってもおかしくない年代に
突入しているんだと
否が応でも感じることになりました。

伯父だけでなく
ワタシの両親も、
ダンナの両親も。

想像したくなくて
目をそらしてきたけど、
いつが最期になっても慌てないように
聞いておくべきこと、
確認しておくべきことは
きちんとしておかないと
いけないですね。







20200602152400ff3.jpeg



ある日の晩ゴハン。

『きのう何食べた?』で出てきた、
チキンのトマト煮込みを作ったら
ダンナがめちゃくちゃ気に入って。

フルーツトマトは好きだけど
トマト缶はあまり好きじゃなくって、
食卓に登場することが稀でした。

でも、シロさんのおかげで
トマト缶常備(笑)






にほんブログ村 ライフスタイルブログ のんびり暮らしへ
にほんブログ村


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村


にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし主婦へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



18:40 暮らしの1コマ