FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

我が振り見て我が振り直せ。

2013/06/27






最近、旦那がドライブレコーダーを購入しました。

一般車にどれだけ普及しているのかわからないけど、

何かの時に動かぬ証拠になればいいと思ったらしい。





これには私も賛成して、すんなりお金を出しました。

というのも、うーんと昔、事故にあって酷い目にあったらしいから。





詳しくわからないけど、

衝撃があった前後だけ録画するとか

色々な設定が選べるそうなんですが、

弱い衝撃だった場合、その機能が働かない可能性もあるようで

常時録画にしているみたいです。





で、実際つけたらちゃんと撮れているかどうか

確認したくなりますよね

もちろん確認しました!

それが 爆笑モン (笑)










映像自体、何ら面白いことはなく

たださっき走った記憶のある風景が延々続くだけ。

面白いのは 車内の会話 。

車内音も録音する設定にしているようです。

(…意味あるんかな)







自分の声や普段の何気ない会話って

改めて聞く機会なんて、殆どありませんよね。

「他の人にはこんな声に聞こえてるんや…」と

お互いショックを受けるのはお決まり。

そして、映像を見るまで忘れていたような アホみたいな会話 も

ご丁寧に録音されていて、大爆笑。

こんな瞬間に事故にあったら恥ずかしいですよね










ここまでは笑いでした。

でも冷静になって聞いてみると、

自分の話し方の特徴がわかってきて。

元々気が強いほうなのは承知していましたが、

それが話し方にも現れていたんですよね

自分の中では至って普通に話しているつもりだったのに、

案外キツい言い方に聞こえるんだなぁ…とか。






仕事で顧客に接する時は

自分でもかなり穏やかに話すように心がけているけれど、

気のおけない人にはこんな口調だったんだ、と反省

自分を見直すいいキッカケだと思って、

旦那にも穏やかに話せるように努力します






にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療(リタイア諦め)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 子供ができない夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



13:15 暮らしの1コマ

こういうのが増えればいいのに。

2013/06/19





ずっと以前から気にはなっていたけど、

妊活をするようになって更に敏感になったこと。





それは、 食品添加物 。





ハムやウインナーにたくさん含まれているのは

昔、家庭科の授業で習って知っていたけど、

今や何でもが添加物の恩恵を受けている世の中。





でも、できることならなるべく採りたくないなぁ…なぁんて

原材料をチェックするクセがつきました。





大好きなスイーツ系もよく見ると

色々入っていそうな雰囲気なんですが、

そんな中、こんなのを見つけました





DVC00316.jpg



DVC00317.jpg


アンディコの「こだわりプリン極」です。

まずは 香料・着色料・保存料不使用 に惹かれて手に取り、

いつものように原材料を見てみて、ビックリ





乳製品・加糖卵黄・砂糖・全卵 。

以上。





そのどれもが想像できる材料ばかりでした。

安心感だけでなく、お味もシンプルで美味しくて

ちょっと柔らかめタイプも私好み

そんなわけで、最近お手軽プリンといえばこればかりです





なかなかこういう商品って見ないけど、

色々増えたらいいのになぁ~





にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 子供ができない夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療(リタイア諦め)へ
にほんブログ村



12:02 その他

リスペクトしていたのに。

2013/06/17




この間書いた、元同僚の話の続編です。





あの時、凹んだことを正直に伝えていたので、数日後に

「もう凹みは回復したから大丈夫。産まれたらまた連絡してね」

とメールしておいたんです。

変な心配や後悔をさせていたら申し訳ないし、

やっぱりそこはオトナの対応をしておきました。





普段仕事で忙しい人だし、滅多に会う機会もないので

次連絡があるのは産まれた時だろう、

その頃には普通に喜んであげられるようになってるだろう、

そんな風に思って投げたメール。





それでこの一連のやりとりは終了。





と思っていたら、週末にまた連絡が






















「ひじきを生地に練りこんだロールケーキ@伊勢志摩」

そんな説明と共に写真が。





…。





こんなんタイムラインにしてくれよー 

個人的に送られるとスルーしにくいやんっっ






心の中ではそう思いながらも、

「私もついこの間、伊勢に行ったよー」

「歩き回ってもお腹大丈夫なん?」

「夫婦水入らずの旅行を楽しんでね」

なぁんて、これまたオトナの対応をしておきました(苦笑)





やっとこれで終わった…と思いきや、

ご丁寧に「帰ってきました。楽しかったです」の連絡が













正直 イラッ としました。

確かにショックから立ち直ったとは言ったけど、

クルマの凹みが直るような

「えっ、これどこが凹んでた場所!?」

みたいに直るほど単純なものじゃない。


人間関係を円滑にするための表向きの会話。

まんまで取ってもらっては困る。








人の気持ちがわかって、配慮できる人だと思っていただけに

何だかすごく残念でした。

ホントもう、しばらくそっとしておいてもらいたいなぁ…。





にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 子供ができない夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療(リタイア諦め)へ
にほんブログ村



13:39 暮らしの1コマ

これが運命。

2013/06/06





今でも仕事の愚痴を聞いてくれる、年下の元同僚(男性)がいます。





職場では妊活のことを一切明かしてなかったけど、

この元同僚だけには話していました。





そして、元同僚の夫婦間の色々についても

話をきいたり、相談に乗ったりしていました。











昨日、その人からようやくLINEが開通できたという連絡があり、

そこである報告をされたんです。





「奥さんが今妊娠7ヶ月です」と。





私が妊娠を待ちながら、もうずっとずっとたってることを知ってるのに…

一瞬そんな風に思ったけど、変に気を遣われて黙ったままで

年賀状で「実は…」なんて言われるほうがショックだし、

奥さんは十分若いから(同じく元同僚で知り合い)

いずれこういう日が来ることなんて予想済み。





だから、普通に「おめでとう」って気持ちでした。





ここまでだったら。













男の友人には話していない、更に詳しい事情まで話してくれました。





妊娠がわかって病院に行ったら、

内膜症だとわかり、医者が驚くぐらい卵巣が腫れていたそうで、

圧迫されて破れる可能性もある、と言われたとのこと。

そして、リスクのある出産になるとのこと。










…。





内膜症があって、卵巣が腫れていて、

医者から見ても「妊娠しにくい体」だったのに

苦労もなく妊娠。





子宮も卵巣も全然綺麗で、

医者から見たら「いつでも妊娠可能な体」なのに

全く妊娠ナシ。





年齢って、何もかもをカバーできるのかな…





頭の中に 運命 って言葉が浮かんだ瞬間、

目の前の景色がぼやけてきたけど、

あいにく旦那がいたので押し込めました。





後でお風呂で1人で泣こうと思ったけど、

タイムラグがありすぎると涙も出ず(笑)













もう早く「子どもスイッチ」をオフりたいです。

何かがキッカケでぱちん!とオンになったように、

きっと何かのキッカケで急にオフになるんだと思います。






むりやり諦めようとするとかそんなんじゃなく、

まるで電気を消すように、ぱちんと。





心が壊れてしまう前に。





にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 子供ができない夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療(リタイア諦め)へ
にほんブログ村



13:28 暮らしの1コマ

人生の折り返し地点。

2013/06/04





「人生80年」と考えると、私はもう折り返し地点近辺。





マラソンでよくあるような、

巨大な赤いコーン が見えている位置にあるんだろうな。





寿命なんてわからないから、

もう既に折り返した後かもしれないし…













30代半ばまで「死」なんて見えなかったけど、

私も歳を重ね、同様に親も歳を重ねていく上で

時々ふっと自分の死について考えるようになりました。





死んだ時にどこのお墓に入るか。





結婚しているのに、何も迷う必要ないという意見もあるかと思います。

でももし早い段階で旦那より先に死んでしまった場合、

旦那はまだ人生が続くわけで、再婚する可能性もありますよね。

再婚して添い遂げて、同じお墓に前妻も眠っている…って

何か嫌だなぁ~って思って。





なので、そういう場合は私の実家のお墓に入ろうと思っています。

親もそうしなさいと言ってくれています。

旦那が知ったら怒るかもしれないけど、

やっぱり血の繋がった身内と一緒に眠りたいのが本音です。





もし子どもを授かっていたら、

「母親はここで眠って、父親はこっち」とか

そんな勝手なことできないと思うけど…










子どもがいないということ。

それはそれで仕方ないことなんだけど、

やっぱり後々いないなりの歪みが出てくるんだなぁ





最近、そんなことを漠然と思うようになりました。





にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 家族ブログ 子供ができない夫婦(夫婦二人)へ
にほんブログ村


にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊治療(リタイア諦め)へ
にほんブログ村



13:02 暮らしの1コマ
 | HOME |